日本児童教育専門学校

日本児童教育専門学校のホームページへ日本児童教育専門学校の資料請求

学校法人 敬心学園 日本児童教育専門学校

「現場に活きる力をあなたに。」

日本児童教育専門学校は、子どもに寄り添い、子どもとともに成長しながら、一生学び続ける保育士を育てるための学校です。この学びへの基礎的な力をつけるために1年次から保育所・施設見学、ボランティアで現場を「体感」し、2年次以降の保育実習の現場で「体験」し、そこで学んだことが身につくまで「体感」していきます。民間企業の学童施設や保育所とパートナーシップ協定を締結しカリキュラムの更なる強化を図っています。今後も理論と実践がつながる学びを大事にし、学生一人ひとりが技術と心の両面において「本物の保育者」となることを教職員全員で支援します。

日本児童教育専門学校の取り組み
体育・音楽・あそびなどの実技授業が充実しているので、子どもの感性や発達に直接関係する具体的な知識や技能を身につけることができます。全学科の学生が受講できるオープン科目では、「もう少し勉強したい」「専門性を高めたい」「苦手な科目を克服したい」という学生一人ひとりの希望に応えたサポートを実施しています。現場の先生から実際の保育現場のお話を聞いたり、保育現場で求められる人材などについて学んだりすることで、保育士としての専門性をより深めることができます。また実践力を身につけるため、保育現場での実習を入念な準備のうえ行っています。乳幼児親子と在校生の交流の場「子育てひろば」や新宿区入学前プログラムなどのボランティア活動を通し、実際に子どもたちとふれあえる環境も整っています。

日本児童教育専門学校日本児童教育専門学校 校舎外観
イベント情報
>> 日本児童教育専門学校の説明会、オープンキャンパスの日程はこちら
学校案内
>> 日本児童教育専門学校で取得を目指す資格について
>> 日本児童教育専門学校の就職について
>> 日本児童教育専門学校の入試情報
学科案内
総合子ども学科(昼間部3年)
保育福祉科(昼間コース2年)保育福祉科(夜間主コース2年)
総合子ども学科(昼間部3年)
保育現場に必要な知識と技術を学べる充実のカリキュラムを、3年間かけてじっくり学べることが特徴です。ゼミ制度を導入しており、自分の得意分野を選択して個性を伸ばしていくことが可能です。保育教材・体育・音楽リズム・心理学・絵本などがあり、好きな分野の専門家をめざすことができます。14:30に授業が終了するため、放課後はオープン科目を受講して専門性を高めたり、アルバイトをすることも可能です。
保育福祉科(昼間コース2年・夜間主コース2年)
働きながら保育現場に必要なことを2年間で学べる、仕事と学びを両立できる学科です。

【昼間コース】

平日9:00〜14:30の1日3コマの時間割です。放課後はオープン科目を受講して専門性を高めたり、働いたりと自由に時間を使うことができます。

【夜間主コース】

・トワイライトクラス

平日16:20〜21:30の1日3コマの時間割で、昼間は働いて、夕方から学ぶことができます。土日休みです。

・土曜クラス

平日は18:20〜21:30の1日2コマの時間割で、昼間はフルタイムで働いて、夜から学ぶことができます。
土曜日は9:00〜16:10の1日4コマの時間割です。

連絡先
日本児童教育専門学校
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-32-15
(JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場駅」下車)
TEL:03-3207-5311 URL http://www.jje.ac.jp/

日本児童教育専門学校携帯サイトQRコード

Copyright(c) Keishin Group. All rights Reserved.