敬心学園学術研究会

第12回 敬心学園学術研究会

開催趣旨

第12回敬心学術研究会を、来たる平成27年6月28日(日)新宿区高田馬場にある日本児童教育専門学校にて開催することとなりました。本会は第10回大会まで臨床福祉専門学校が中心となって運営されてきましたが、第11回は日本医学柔整鍼灸専門学校が中心となり運営し、更にこの度は本校が主幹校となり開催できることを大変光栄に存じます。

敬心学園グループは現在5校あり、医療、福祉、保育、教育の現場で活躍できる実践的職業人を育成することを目的としております。また、今年5校が文部科学大臣指定の「職業実践専門課程」に認定され、各校はますます世の中に役立つ職業教育を徹底している所でございます。

今回、研究会のメインテーマを『健康』とし、「健康に生きるとは何か」「介護医療の中で“健康”とは」「心の健康と地域貢献」「認知症患者の健康とは」「健康寿命とは」など様々な切り口で『現代の健康観を見直す』きっかけにしたいと考えています。

また、1948年WHO(World Health Organization)の健康憲章「健康とは、肉体的(身体的)、精神的及び社会的に良好な状態であり、単に、疾病又は虚弱でないということだけではない」さらに「及ぶかぎり最高の健康水準を享受するには、人種、宗教、政治信条、経済状態のいかんを問わず、すべての人間の基本的な権利である」を噛み締め、さらに学術研究会を通して、敬心グループが総力を挙げて、社会貢献できるタスクフォースとしてお互いの使命と責任を共有できる機会となれることを期待しています。

ポスターのダウンロード
ポスターのダウンロード

開催要項

会期:
平成27年6月28日(日)
会場:
日本児童教育専門学校(東京都新宿区高田馬場1-32-15) クリックで地図が出ます
フォーラム: 10:10〜12:00
テーマ:
「専門学校の意義 ―各校の取り組み―」
シンポジウム: 13:00〜15:00
テーマ:
「健康に生きる ―地域・アート・医療の活動から―」
座長:
片岡 輝(東京家政大学名誉教授)
シンポジスト:
太田絵美子(NPO法人アーキペラゴ マネージャー)
天野 珠路(日本女子体育大学准教授)
桝屋 二郎(福島大学子どものメンタルヘルス支援事業推進室)
Copyright(c) Keishin Group. All rights Reserved.