敬心学園の想い

私たちは常に、社会のニーズを先取りし、実践力が高く、かつ人間性に優れた専門職を養成します。

「敬心」の二文字が表すように、敬心学園では「他人を敬い自らを律し、人々の心をもっとも大切にする」という理念のもと、教育事業・福祉事業・医療事業を展開してきました。そして、社会のニーズをいち早く捉える先駆性、真理を追究する科学性、人間の生き方・行動に恥じない倫理性、人生を豊かにする文化性、これら4つのキーワードを柱とし、一人ひとりが輝いて生きる社会の創造を目指して、各事業に取り組んでいます。

教育事業においては、1973年のグループ創設以来、福祉・医療・保健・保育の各分野に約30,000名の優秀な人材を送り出してきました。 また、介護福祉士や言語聴覚士などが国家資格となる以前から福祉・医療・保健・保育の専門職を養成してきたパイオニア校として、現在では文部科学省の委託研究事業を受託するなど行政への協力も多岐に渡っています。

福祉事業・医療事業においては、特別養護老人ホームやクリニック・施術所の運営などを通じ、地域社会への貢献を果たしながら、<教育の現場>と<福祉・医療の現場>の連携を図り、より高度な専門職教育の実現にも尽力しています。

近年、日本では少子高齢化が輪をかけて進行しています。それにともない福祉・医療・子育てを取り巻く環境もまた日々変容しています。そうした社会の流れを迅速かつ的確に汲み取り、世の中のニーズに対応した実践力のある人材を育て上げることが私たちに課せられた使命の1つであり、また日本を支える基盤になっているものと自負しています。

私たち敬心学園は、これからも福祉・医療・保健・保育の各分野と密接に関わりながら、常に社会のニーズを捉えた教育事業・福祉事業・医療事業を具現化し続けます。そして、より一層「日本の支えになる」という気概を持って努力してまいります。

小林理事長
理事長 小林 光俊
学校法人敬心学園 理事長
社会福祉法人敬心福祉会 理事長
全国専修学校各種学校総連合会 会長
(社)日本介護福祉士養成施設協会 会長
教育事業福祉事業
敬心学園の理念
他人を敬い自らを律し、人々の心をもっとも大切にして、一人ひとりが輝いて生きる社会を創造し、「先駆性」「科学性」「倫理性」「文化性」をもって、社会に貢献します。
医療事業
教育事業   福祉事業
学校法人敬心学園
日本児童教育専門学校
日本福祉教育専門学校
日本リハビリテーション専門学校
臨床福祉専門学校
日本医学柔整鍼灸専門学校
社会福祉法人 敬心福祉会
千歳敬心苑
池袋敬心苑
浦安市障害者福祉センター
 
Copyright(c) Keishin Group. All rights Reserved.